Oliens design

Website design

Graphics design

Logomark design

ETC Design & Service

Oliens design

お知らせ・トピックス

Web会議などでよく画像が止まるな〜。と思っている人はちょっとチェック。

Web会議で映像が良く止まってしまうなどデータ送受信の量が多くなってきたwithコロナ時代。wifiの速度は重要なファクターになってきています。

先日、オリエンスデザインでもルーターを購入しました。そんなに不自由もありませんでしたのでレンタル品のIEEE802.11b/gのルーターを随分長くそのまま使っておりました。時折、イーサーネット有線接続でも遅いな〜。と思っていたのですが、IEEE802.11a/n/ac対応のルーターに交換したらwifiなのに下りで38倍。上りで24倍も速くなりました。

導入前の速度


導入後の速度


お金をかければ、wifi6対応のメッシュなどで高速化と安定化を図ることもできますが、1万円程度でもwifi規格によってこんなに違うんですね。もっと早く変えておけば良かったです。送受信の時間が圧倒的に短縮され、送受信エラーも格段に減ったので、仕事がはかどるようになりました。

wifiは最新のものですと通称wifi6と呼ばれている規格がありますが、こちらは速度も段違いな様ですが、対応機器がまだそんなに多くはありません。現行のPCやスマホなどの端末で、長い間インターネット周りをそのまま使っている方は、一度、ルーターを確認してみるのもよいかもしれません。インターネットの回線が1Gbで契約されており、IEEE802.11b/gと記載があるものをIEEE802.11a/n/acと記載があるものに変えるだけでwifiでしたら劇的に変化する場合があります。

少し気をつけなくてはならないのが、光電話の存在です。プロバイダーからのレンタルルーターには光回線の接続が付いています。よく調べないで購入すると光電話が使えなくなってしまいます。ブリッジをするという手もありますが、良く調べてから購入しましょう。因みにオリエンスデザインでは、よく調べずに購入したため、既存のルーターに新しいルーターをwifiの機能のみを使うブリッジという方法で使用しました。それでも、これだけ速度に差が出ています。

ちょっと気になる方は、確認してみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作・パンフレットデザインのオリエンスデザインTOPへ